読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロデッサンクラブ

東京都・中野区で人物画や石膏デッサンの講座を行っている「ゼロデッサンクラブ」のブログです。東京藝大・大学院修了の講師が基礎から丁寧に指導します。Plaster cast&human figure drawing school in TOKYO,JAPAN

第7回石膏デッサン講座の様子

こんにちは!ゼロデッサンクラブです。

先日開催された、ゼロデッサンクラブ2014年1月石膏デッサン講座の様子をお届けします。

記念すべき"今年一発目"のゼロデッサンクラブの講座でした。

 

今回新しく来て下さった方(一人でいらして下さった女性参加者です)に気になって、「何を見ていらして下さったんですか?」とお尋ねすると、「Twitterを見ました」とのことでした☆

 

実はここ最近Twitterをきっかけに来て下さる方、とても多いんです☆

現在HP、Youtube、Pixivなど、様々な媒体(SNS)でゼロデッサンクラブの活動をご案内させて頂いていますが、

(各ページへはサイドメニューの"リンク"から飛ぶ事が出来ます♬)

実際にどんな方が見て下さってるのか、というのは中々見えない部分なんですよね。

なので、会場で「HPを見て来ました」「mixiのコミュを見て」と教えて頂くと、

「おお〜っ!☆」と思います。発信している先にちゃんと見てくれている人がいるんだなと。反応を頂くと、とってもとっても嬉しいです。

 最近はTwitterでRTやお気に入りをして下さる方もすごく増えてきました。

皆さんいつも本当にありがとうございます!☆

 

さて、今回の講座では青年マルスメディチ、ミロのヴィーナス、ラボルトの4体を出して描きました。

( ゼロデッサンクラブの講座で描くことの出来る石膏像一覧:http://matome.naver.jp/odai/2138700325218973101 ※幾何形体を除く)

 

いつも来て頂いている方が中心でしたので、それぞれ前回に描いた石膏像を浅野先生と確認しながら、今回は何を描くか決定。

大体は経験や実力に合わせて、初心者や画力(基礎力)を上げることが目的の方だと、来て頂く毎に段々複雑なものを描いてもらったりするのですが(最初は大顔面や幾何形体→2回目は首像など)、レベルアップが目的ではなく、「描けなくてもいいから、とにかく楽しんで好きなものを描きたい!」という方には、ご自身の力に関係なく難しいもの(胸像など)にもいきなりチャレンジして頂いたりしています。

(※どの石膏像を描くかは、毎回その時の参加人数やそれぞれのレベル等によって、浅野先生と相談の上、決定しています。あらかじめご了承くださいませ)

 

どのレベルの方にも、浅野先生がお一人おひとりの経験やくせ、良い点(伸ばすところ)・悪い点(直すところ)などをしっかり見て指導して下さるので、経験が全くない方も、ある程度描く事の出来る方もそれぞれに合ったアドバイスを頂けますよ。

(こちらも是非ご参考になさって下さい☆:参加者の声 - 東京都中野区の石膏デッサン講座と人物画講座 - ゼロデッサンクラブ

描いた絵を見ただけで、浅野先生に(自分の)性格まで当てられてしまいますので、ドキッとしますよ〜!!それぐらい浅野先生のご指導は的確、見抜かれてしまいます。

悪いところも良いところも全部指摘してもらいたい、全部見て欲しいという方には浅野先生の指導は超!オススメです。

言い方が悪いかもしれませんが、おざなりの指導をされる先生が多い中(3時間に1度回ってきて、一言「ここ直して」と言っておしまい、、、など)、ここまで皆さん全員をしっかり見て回って下さって、指導して下さる先生は他にいません。

確実に上手くなれますよ☆

 

ゼロデッサンクラブの石膏デッサン講座は、2日間で1回の講座として開催することが多いですが、1日のみのご参加も可能ですので、是非お気軽にいらして下さいね。一人でも多くの方に石膏デッサンと浅野先生のご指導を体験して頂きたいです!

f:id:zero-dessin-club:20140202012151j:plain 

1月講座も皆さん和やかな雰囲気の中、デッサンを描かれていました。

写真のように講座中はカーテンを締め切っていますので、

集中して描く事が出来ますよ。静かな部屋に響く木炭や鉛筆のこすれる音がとても心地良いです☆

そして浅野先生のユーモアたっぷりのご指導と皆さんのくすくすした笑い声と。。。

ゼロデッサンクラブの講座、是非いらして下さいね。

広告を非表示にする