読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロデッサンクラブ

東京都・中野区で人物画や石膏デッサンの講座を行っている「ゼロデッサンクラブ」のブログです。東京藝大・大学院修了の講師が基礎から丁寧に指導します。Plaster cast&human figure drawing school in TOKYO,JAPAN

講師コラム:アートトレーナーという考え方

一流のアスリートには、その活躍を陰で支える「トレーナー」が存在します。トレーナーとは、アスリートの欠点や長所を把握した上で問題点を探り出し、そのアスリートに適したトレーニングメニューを作り、その経過を見守りながら、才能を開花させる者です。参加者の方々と、そのようなアスリートとトレーナーの関係を目指しています。

『その人の才能を把握するためのアートカウンセリング』

そのため、質問はこちら側からすることの方が多いかも知れません。
「どのような才能が眠っているのか」「どうすれば才能をより早く刺激して、開
花させられるのか」それを探るための質問やチェックが、アートカウンセリング。
それぞれの参加者の方にあった指導法を導きだすため、用いる方法です。

『あなたに適した絵の描き方、アドバイスの仕方』

性格や好みや感性は人それぞれ違いますよね。性格や好み、感性が変われば、描く絵も当然それぞれ違ってきます。今までの指導経験からの印象ですが、男性と女性でも描く絵は違います。絵だけを見て男性が描いたのか、女性が描いたのかが大体分かります。男性は論理的で、理詰めで描いていく方が多い。女性は感覚的で、色彩鮮やかな作品が多い。
‥あくまで経験からくる印象なので、個人によって違いはもちろんありますが、男性と女性でも描く絵にこのような違いがあるのに、アドバイスの仕方が両方とも同じでは、その人の個性や感性(センス)を活かしきれません。

『指導で大切なのは、その人の個性に合ったアドバイスをすること。』

短気な人、のんびり屋さん、一つの事を極めたいタイプ、色々な事に挑戦したいタイプ‥「性格」と「才能」は切っても切り離せない関係にあります。タイプをきちんと見極めて、アドバイスをすれば才能は開花します。


★過去の「講師コラム」一覧
「デッサン力とは?」2013/8/9更新
http://zero-dessin-club.hatenablog.com/entry/2013/08/09/210240

広告を非表示にする