読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロデッサンクラブ

東京都・中野区で人物画や石膏デッサンの講座を行っている「ゼロデッサンクラブ」のブログです。東京藝大・大学院修了の講師が基礎から丁寧に指導します。Plaster cast&human figure drawing school in TOKYO,JAPAN

第18回石膏デッサン講座の様子

石膏デッサン講座

f:id:zero-dessin-club:20150320204740j:plain

f:id:zero-dessin-club:20150320204752j:plain

早いもので3月ももう下旬、もうすぐ桜の季節ですね♪
(来週26日木曜日は浅野先生同行スケッチ講座が新宿御苑にて開催です!http://ameblo.jp/sketch-pal/entry-11988382660.html初心者歓迎。今ならまだ参加受付可能です⭐︎桜の開花予報もバッチリの日程です。詳細は上記URLよりお願いします)
 
さて、今回は 2015年初の石膏デッサン講座でした。
上記作品画像の「女の手」はいつも講座に参加して下さっているEさんの作品。
講座の最中、Eさんが石膏デッサンを描き続けている理由をお話ししてくださいました。
なんでも、Eさんが小学生の頃、4年生から6年生の間まで3年間担任をしていた先生が、 とても面白い先生だったとか。
自分で作詞作曲をしたクラスの歌を持ってきてくれて生徒皆と一緒に歌ったり、 工作の時間には男子生徒にラジオを作らせてくれたりと、
いつも他の先生とは少し変わった授業を行い生徒を楽しませてくれていたそうです。
そんな中、講堂に石膏像を準備して、Eさんを始め生徒の皆に石膏デッサンを描かせたことがあったとか。
「その時のことが忘れられなくってね。」
Eさんが石膏デッサンを描き続けられる理由はその小学生の時の経験がきっかけでした。
とても素敵な先生ですね!
今でもクラスの皆で集まって先生を囲んでクラス会をされているそうですよ。素敵!♡

今回は初参加、石膏デッサン初体験の方もいらっしゃってくださり、初めて尽くしの中、石膏像と一生懸命格闘されていらっしゃいました。とてもお上手だったため大変描き慣れていらっしゃる様に思いましたが、「またリベンジに来ます!」との宣言を頂きました。是非繰り返し描き続けられて納得のいく作品が出来上がると良いですね。またのご参加心よりお待ちしております!
参加者の皆さん今回もお疲れ様でした。次回以降の講座は決定次第、またお知らせさせて頂きます。

広告を非表示にする